投稿

2月, 2012の投稿を表示しています

鮮やかな?落ち着いた?水彩色鉛筆ごとの色味について

イメージ
「現物あると色をつけるのが楽です」

想像のものは色が単調になりがち、この色使いをキャラクターイラストに取り込んでいけたらどれほど楽だろう……なんて考えています。


さておき、先日からアルブレヒトデューラーメイキングがはじまって、デューラーの色味について考えていきましたが、読んでみていかがだったでしょうか?

自分でも書きながら「鮮やか?落ち着いた?これで伝わるんか?」なんて思っていまして……言葉では間違いないのですが、これらがどれほど重要なのかまでは伝えられなかったと思うんですね。

というわけで、このような絵を描いてみました!『オーリブ』という……サイン間違えてこう書いてしまったのですが、正確には“オリーブ”です。さて、鮮やかな色味と落ち着いた色味の違いは出ているでしょうか?


下絵を組み合わせて下絵を作る

イメージ
前回、アルブレヒトデューラー(以下、デューラー)について、使い始めと使い続けた視点で性能を確認しました。今回からデューラーを使ってメイキングをしていきます。

今回描くのは、私が遊んでいる格闘ゲームの『KOF13』から、いつも使っている結チームがレオナ、舞、ユリっちの三人を描いていきます!

いつも使うほどに愛着あるキャラクターなので、ちょっと気合が入っています!格闘家らしく格好良いイラストを描きたいですね!


■ラフ画を描いてイメージを固める


「レオナをキングにすれば(女性格闘家チームになって)良いじゃん言われた……」

イラストボード

イメージ
「余計に失敗が怖くなってしまうかも……(笑)」

今回はイラストボードをご紹介!私も最近使い始めたのですが、水彩色鉛筆による水を使った手法で塗っても紙が波打たず、きれいな仕上がりになるので便利です。水張りが不安な方、面倒な方にもおすすめ。

ただし、片面だけ水分を含んでしまうからなのか、ボード自体が反ってしまうこともあります。いくつか私の描いた作品も反ってしまって……でも真っ直ぐに戻ってるという(笑)。平らなところで均等に重しをのせておくと戻るかも?(私の作品保管場所もそんな感じなので……)ボードのお値段を考えると失敗もしにくい、まさに本番用。

写真はバロンケント紙が両面に張られている(両面使える)厚さ2.5mmボードで231円。紙も厚さも大きさも価格も多種多様なので、お好みのボードを見つけるのも楽しそう。ちなみにバロンケントは私もはじめて使う紙なので、確実に使えると言えるのはBBケント細目3mm。直近のセレクションに使いました。


アルブレヒト・デューラーによるメイキングの前に

イメージ
「2段トレイにおさまっている60セット。上ぶたに1段目をおさめると使いやすいです」

今回はこれまでと違って、より本格的なメイキングをしてみたいと思います!定評ある水彩色鉛筆のアルブレヒト・デューラー(以下、デューラー)、さらに色数もぐんと増やして60色!ブランドも色数もかなり本格的な仕様ですが、これでどんなことができるのか?見ていきます。

その前に、先日にレビューを書きましたが、それとはまた違ったデューラーの感想を書いてみます。デューラー60色を買ったばかりで水彩色鉛筆を使いはじめたときの私の感想です。

使い続けていると良いものと言ってしまって、それも間違いではないのですが、キャラクターイラストを描こうと使いはじめたときにひっかかった点があったのを思い出します。この記事では、ほぼ初心者だった私の感想と作品を見ながら、デューラーについてもう少し詳しく見てみようと思います。


Ribbon Heart

イメージ
「私の心をあなたに……」

水彩色鉛筆の違いって?

イメージ
ツイッターでは何回かツイートしたことがあるのですが、実は、『なんちゃってお絵かき教室』なるものを開いています!生徒はお子さん1名なのですが、私自身も学ぶことがあって、教える側も生徒とはよく言ったものです。

そして、もうじきクリスマスということで、11月に生徒さんが生み出したキャラクターで、クリスマスのイラストを描いてもらうことにしました。色鉛筆で簡単な色塗りはしていたのですが、一つの作品にするために、今回はクリスマスイラスト水彩色鉛筆を使ってしっかり塗っていくことにしました。

そこではじめて、生徒さんは水彩色鉛筆にふれることになるのですが……。


水彩色鉛筆でコピックのムラをおさえる塗り方?2

イメージ
前回、水彩色鉛筆とコピックのあわせて使うことでムラをおさえる方法を試してみました。今回はその方法を試す間に思いついたことがいくつかありましたので、ご紹介してみようと思います。

テスト環境は『水彩色鉛筆でコピックのムラをおさえる塗り方?』 と同様です。


水彩色鉛筆でコピックのムラをおさえる塗り方?

イメージ
水彩色鉛筆(色鉛筆)でコピックのムラをおさえる方法が、Twitterではリツイートという形で広げられています。水彩色鉛筆で下塗りをして、その上からコピックを塗るという方法です。

さらに、水彩色鉛筆を影に使うと良いとか。それほどまでにイラストを描かれる方々に広がる情報……好評な手法がどのような効果を生み出すのか、試してみました。


鉛筆としての使い方

イメージ
鉛筆は、大半の方が慣れ親しんだ筆記用具かと思います。私にとっては、小学校の低学年の頃から、成人してからも使ってきた筆記用具です。どの筆記用具よりも長く使ってきた鉛筆は、とてもコントロールしやすい筆記用具であり、画材でもあります。

コントロールしやすいとは、線の始まりから終わりを誘導することはもちろん、線の強弱、濃淡を、自分の思ったとおりにできることを指します。今回は、このコントロールしやすさを生かした、鉛筆としての使い方について、お話しします。


水彩色鉛筆の色の選び方、毛並みの描き方

イメージ
※この記事は『水彩色鉛筆で服や瞳(目)を塗る』の補足になります。先にそちらを……と思いますが、もし、毛並みの描き方に興味がある場合は、こちらをどうぞ!


水彩色鉛筆で髪を描くポイント

イメージ
※この記事は、『色鉛筆として髪を描きこむ』の補足になります。そちらを先にご覧ください。


水彩色鉛筆で肌を塗るポイント

イメージ
※今回の記事は、『水彩色鉛筆の特徴を生かして肌を塗る』の補足になります。そちらを先にご覧ください。


メイドジャコ:はじめての水彩色鉛筆キャラクターイラスト

イメージ
「メイキング記事がご参考になりましたら幸いどぇす☆」

いろいろなアイテムを使って表現する

イメージ
はじめての水彩色鉛筆キャラクターイラスト、最後のメイキングになります!このメイキングでは、水彩色鉛筆だけではできない表現を、いろいろなアイテムを足して表現していきたいと思います。

アイテムさえあれば手軽に、水彩色鉛筆で描かれたキャラクターの表情を増やすことができます。良かったら、お試しください。


水彩色鉛筆で下絵に線を入れる

イメージ
いよいよ仕上げに入っていきます!一通り色を塗り終えたところで、下絵の線を参考に、水彩色鉛筆で線を入れていきます。

その際、線に接する色にあった色を選んで線を入れていきます。そうすることで、水彩色鉛筆キャラクターイラストの最大の特徴でもある、一体感を出すことができます。

使用する画材は、前回の服や瞳の塗る方法に続き、“サクラクレパス24色セット” を使っていきます。


水彩色鉛筆で服や目(瞳)を塗る

イメージ
今回は服や瞳など、各パーツをを塗っていきます。肌を塗り方同様に、色鉛筆として塗った顔料を水筆(水を含ませた筆)でのばしながら、塗っていきます。

使用する画材は、前回の髪の描きこみに続き、“サクラクレパス24色セット” を使っていきます。


ダイソー:水彩色鉛筆

イメージ
今回は、水彩色鉛筆レビュー第1弾!ということで、100円ショップの“ザ・ダイソー”さんで発売されている、水彩色鉛筆を使って、レビューをしていきたいと思います。

100円で水彩色鉛筆が購入できる……さらにそれがとても使えるとしたら?ちょっと脅威ですよ、これは!(笑)


ダイソー:水彩色鉛筆2

イメージ
今回も100円ショップ水彩色鉛筆のレビューを、続編として書きます。1回目のレビューから、メイキングやテストで使いながら気がついたことがいくつかありましたので、ご紹介したいと思います。 


無印良品:水彩色鉛筆12色

イメージ
今回は無印良品から発売されている水彩色鉛筆12色をレビューします。いろいろな文具が無印良品で発売されていますが……まさか水彩色鉛筆があるとは!?思っていませんでした(笑)。

無印良品はお気に入りのブランド……ある意味ではノーブランドですが(笑)、本音を言ってしまうと100円ショップやニ○リで済ますことも増えましたが、それでもシンプルなデザイでは使い勝手が良いものが多く、魅力的ではあります。

その無印良品から発売されている水彩色鉛筆……どれほどのものか、早速レビューしてみたいと思います!


ファーバーカステル:アルブレヒト・デューラー

イメージ
次回のメイキングで使う水彩色鉛筆、アルブレヒト・デューラー(以下、デューラー)のレビューをします。定評のある水彩色鉛筆でもあり、私が使い続ける水彩色鉛筆……それほどの魅力、性能がどこにあるのか、調べていきます!


色鉛筆として髪を描きこむ

イメージ
いくつもの線を描き込んで表現する“ハッチング”という表現手法あります。厳密には違いますが、今回ご紹介する髪の表現も線を描きこむという点で、ハッチングに近い表現になります。

少々根気が必要な表現手法になりますが、髪の流れやまとまりを感覚で描くことでより髪らしい表現できます。特に髪の塗り方、影のつけ方にお悩みの方に試していただきたい表現手法です。

使用する画材は、前回の肌の塗りに続き、“サクラクレパス24色セット” 。また、線が細いほどに髪らしい表現になりますので、水彩色鉛筆の先はまめに削っておきましょう。


水彩色鉛筆の特徴を生かして肌を塗る

イメージ
前回に用意した線画に、水彩色鉛筆で肌を塗っていきます。今回は、水彩色鉛筆の特徴の水で顔料を溶かせるという性質を利用して、女性キャラクターのなめらかな肌の曲面を表現していきましょう。

なめらかな肌の曲面を表現するために、色の置き方、色ののばし方が重要になっていきます。この二つは、水彩色鉛筆キャラクターイラストの基本になりますので、簡単仕上げでキャラクターを塗りながら、基本として注目してみましょう。

使用する画材は、鉛筆削りや筆が同梱されていて、使いやすい色が揃っている、“サクラクレパス24色セット” です。


ペン入れをしないで線画を作る

イメージ
※この記事は“札幌の水彩色鉛筆画家●イラストレーター鈴木周作公式サイト  【水彩色鉛筆画イラスト作品集】”様のサイトを拝見して用いた手法になっておりますので、詳しくはそちらのサイトをご確認いただけたらと思います。はじめてのメイキングに欠かせない手法ですので、こちらでは簡単なご紹介になっています。


今ではマンガを描けるようになりましたが、私はペン入れが苦手でした。ペン入れが苦手なあまり、ペン入れをしないでイラストを描く方法を探していました。そして、出会った方法が、下絵をそのまま線画として使う方法です。

ペン入れが苦手な私にとって、下絵がそのまま使えることが水彩色鉛筆を使い続けた一因でもあります。水彩色鉛筆を使い続けるほどに便利な、下絵を線画として使う方法をご紹介します。


水彩色鉛筆キャラクターイラストの世界へようこそ!

イメージ
このブログをご覧下さる方は、水彩色鉛筆でどんなことができるかご興味がある方、持っているけど思ったようにうまくいかない方、私の描き方とは別の方法で仕上げられている方など、水彩色鉛筆に興味があるけど様々な事情をお持ちの方だと思います。

そこでメイキングでは、私が水彩色鉛筆でキャラクターイラストを描き始めたときから培ってきたノウハウを段階に分けて、はじめての方でも描ける表現手法から私の扱える表現手法までをご紹介することで、多くの方々をカバーできればと思います。

 まずは、私の今まで描いたイラストを、必要な画材、表現手法、時間を考慮して段階ごとに分けてみました。どの段階でどれほどのものが描けるのか、ご覧ください。


サクラクレパス:クーピー削り

イメージ
水彩色鉛筆を使われる方にとって、鉛筆削りの使用については意見が分かれます。芯が折れやすいからカッターを使ったほうが良いとか。私も鉛筆削りを使ってアルブレヒト・デューラー1本を丸ごとダメにしました(泣)。

そんな苦い思い出がありながらも、私は鉛筆削りを使用します。髪の描写で芯を常にシャープに保っておく必要があって、その都度カッターで整えていると手間がかかるからです。

今回は私が使う、削り心地が良く、シャープに削れる鉛筆削りをご紹介します!サクラクレパスのクーピー削り……えっ、クーピー削り?


ダイソー:水彩画用スケッチブック

イメージ
「無印良品の混色+ペン入れメイキングで使っています」

タチカワ:スクールG(セピア)

イメージ
「使う水彩紙との相性は要確認です」

水彩色鉛筆を使うためのヒント

イメージ
「今年最後のイラストに使った水彩色鉛筆のカラー……あ、白は使ってなかった(笑)」

今年、一番使っていたカラーは白だった気もしますが……特に線画が必要ではないイラストを描いたときには、白は必須のカラーでした。


さて、今年最後の、来年に向けた年賀イラストも、何とか完成させることができました!2012年1月1日に公開したいと思っていますので、そのときにはぜひ、ブログをご覧いただけたらと思います。

あわせて、この記事が今年最後のブログになるかと思います。最後の記事……せっかくですので、『JacoPle』ご覧下さる方の目的の一つと思われる、“水彩色鉛筆の使い方”について、お話しさせていただきます。


Pentel:AQUASH(アクアッシュ)みず筆ミニ〈中〉

イメージ
「特に混色時の水が乾かないのでおすすめです」

水彩色鉛筆に適さない紙?

イメージ
水彩色鉛筆にはどんな紙が良いのかを考えると、私は水彩紙が良いと思っていましたし、水彩色鉛筆の本やサイトでも多くすすめられています。

私が水彩紙を良いとする一番の理由は、水を含ませることで生じてしまう紙の波打ちをおさえてくれるからです。きれいに描いた作品も、水を吸って紙が波打ちしてしまっては台無しです。

他にも、水でのばした後のにじみ具合、吸水性、描き心地など……水彩紙を使ったほうが水彩色鉛筆の性能を生かせると思います。水彩紙を使って描くメリットは十分にあります。


天野結に聞く:水彩色鉛筆について

イメージ
今回は自分で自分が聞いてほしいことに、さらに自分が答えていくという、ひとりでインタビュー!!って……企画だけを聞くと寂しい記事になりそうですが(笑)、いくつかの項目を答えていきます。

どんなことを考えて水彩色鉛筆を使っているのか、作品やブログを通じてご興味ある方に、ご覧いただけたら嬉しいです。どうぞ、よろしくお願いします。


100円ショップへ行こう!

イメージ
先日、とある100円ショップに行ってきました!今まで行ってきた100円ショップの中でも、特に大きいショップでしたが、いろいろ買えますね。サプリメントまで買えるとは……恐るべし(笑)。

また、水彩色鉛筆キャラクターイラストでは、様々な消耗品があって、それらは100円ショップでも買えるものが多数あります。

例えば、綿棒、つまようじ、水張りに使う霧吹き、など。水彩色鉛筆グルっぽメンバーの方では、鉛筆削り、カッターを使っている方もいらっしゃいますね。コンペ用の封筒、保護用のビニールシートも100円ショップで買えます。さらに、パレット、筆洗……すごいですね、100円ショップ。


そして……ついに水彩色鉛筆まで手に入れてしまいました!ツイッターで100円で買える水彩色鉛筆がある、ということは聞いていたので……やっと見つけることができました。

さらにさらに!?100円ショップの品揃えを見ていると、画材店で私が買うような画材がいくつか……?そんな100円ショップで見つけた、私が画材店で買うような画材をご紹介したいと思います!


下絵を色紙にトレースする

イメージ
今回は100円ショップで買える画材を使って、水彩色鉛筆キャラクターイラストを描いていきたいと思います。名づけて、『100円ショップでメイキング』!!

前回の100円ショップのお買い物で使えそうな画材がいろいろ買いました。それでどれほどのイラストが描けるか……はじめての挑戦ですが、考えながら描いていきたいと思います。

今回のメイキングでは、なるべく100円ショップで購入した画材だけを使うようにして制作していきます。その過程で使えそうなものだけをチョイスして、制作に役立てていただけたらと思います。


■下絵を描く


「ちょう!回し蹴り!」

12色の水彩色鉛筆で肌に使えそうな色を作る

イメージ
100円ショップ水彩色鉛筆キャラクターイラストメイキングにあたって、100円ショップで購入した画材以外は使わないと宣言しました。

そうなるとこの12色でキャラクターの肌を塗らないといけないわけですが、どうやって肌の色を作って塗っていくのかを考えなくてはなりません。

12色と限られた色をどうやって重ねる、または混ぜるのが良いのか?今回はその方法、一つひとつを検証して、100円ショップ水彩色鉛筆に合った塗り方を探してみたいと思います。


■肌の色に使えそうな色をチョイスする


「肌に黄色を使うのがマイブームです」

イラストの配色と手法を考える方法

イメージ
『100円ショップでメイキング』ですが、今回はそれに限らず、水彩色鉛筆キャラクターイラストを描くにあたって重要なポイントになります。特に、今後もたくさんの手法をご紹介していきますが、それらを使いこなす上でも大事なポイントです。ぜひ、注目していきましょう!


さて、前回は100円ショップで手に入る画材を使うということで、必然に使える色も決まって、その中でどうやって肌の色を作るかを考えていきました。単色を重ねる、混色をする、一度に塗って混ぜ合わせる……そして、混色をする方法が一番良さそうということでした。

一つの記事を設けて考えていきましたが、実は肌に限らず、使える色、さらには手法を組み合わせて、肌以外の箇所……髪や服、背景、何よりもイラスト全体の雰囲気を演出をする塗り方を決めていかなくてはなりません。それらを考えるための方法と、その際に私が考えていることをご紹介してみたいと思います。


イラスト全体の雰囲気を作る

イメージ
『はじめての水彩色鉛筆キャラクターイラスト』のメイキングでは、肌や髪といった、キャラクターを塗る方法をご紹介しました。今回はキャラクターに加えて背景……イラストの雰囲気を伝える“空気感”と言うのかな?それを表現する方法も含めて、100円ショップメイキングを進めてみようと思います。

100円ショップで購入できる画材のメイキングとしてご覧いただいているわけですが、前回のエスキースの記事も含めて、どの水彩色鉛筆に関係なく、水彩色鉛筆イラストの参考になればと思います。


全体の雰囲気を生かしてキャラクターを塗る

イメージ
前回の空気感を生かして、今回はキャラクター固有の色を塗っていきます。しかし、はじめてメイキングのように塗ってしまうと、せっかくの空気感がくすんでしまったり、見えなくなってしまう場合があります。

そこで、ベタ塗りしないでも発色をしっかりさせて、空気感の色を塗りつぶさないで済むように、固有色を塗っていきます。その準備として、今回は下塗りをしていきます。


全体の雰囲気を生かしてキャラクターを塗る2

イメージ
空気感を損ねないように各部位の固有色を発色させるために、前回は下塗りをしました。下塗りには固有色にも似たような、そして空気感を濁さないような色を用いて塗っていきました。

その下塗りが今回、どのように生かされて固有色が発色されるのか、空気感とどのように調和するのか、ご覧いただけたらと思います。


パウダリングやハッチングで雰囲気を整える

イメージ
前回は、最初に描いた雰囲気を損ねることなく、キャラクターを塗ることができました。しかし、キャラクターがはっきり色がついたせいか、雰囲気がちょっと弱く感じられました。

今回はその弱く感じられる全体の雰囲気を整えて、イラストを完成させていきたいと思います。そのために使うのは、色鉛筆の芯を粉状に削って刷り込んで色をつける“パウダリング”、線をいくつも描きこんで表現する“ハッチング”、この二つを使って、全体の雰囲気を整えていきます。


ユリちょう回し蹴り:100円ショップメイキング

イメージ
「ちょう!回し蹴り!」

光と色のファンタジー 水彩色鉛筆画入門 魔法のテクニック:きたのじゅんこ(朝日出版社)

イメージ
線をいくつも重ねて表現するハッチング、芯を粉状に削りこすって色をつけるパウダリング……今でこそ自分なりに必要なときにそれぞれのテクニックを使って描いていますが、この本に出会うまでは水筆で顔料をのばして色を塗るだけでした。

そのときは水彩色鉛筆はただ色を塗るためだけの画材で、他の画材に比べると使いやすいぐらいにしか思っていなかった…… いや、水彩色鉛筆で他の塗り方があるとも思っていませんでしたし、塗り方で表現を考えるなんて縁の無いことでした。

その考えもしなかった塗り方……テクニックを紹介し、さらに効果的に使うことで素敵なイラストを描けることを教えてくれた本がこちら!きたのじゅんこ先生が書かれた『光と色のファンタジー 水彩色鉛筆画入門 魔法のテクニック』です。




「塗るための画材から表現するための画材へと変えてくれた一冊です」

セピア色でペン入れをする(コツなんかも少々……)

イメージ
水彩色鉛筆メイキング第3弾です!水彩色鉛筆だけでどれほどのメイキングを書いていくことになるのかわかりませんが、思いつく限り、使える限りのメイキングをご紹介していくつもりです。

それまでブログを続けられるのか……自信がないほどにネタがあったりするので、心配です(汗)。


さて、今回は先日にレビューしました、無印良品の水彩色鉛筆12色を使って、さらに!私の苦手とする、ペン入れ+混色+男性キャラクターという組み合わせでメイキングしたいと思います。特に、水彩色鉛筆は混色して使うものというイメージがあると思いますので、その参考になれればと思います。

では、無印良品の水彩色鉛筆による混色メイキング、スタートです!


水彩色鉛筆で混色しながら肌を塗る

イメージ
混色して色を作れるのが水彩色鉛筆の良いところではあるのですが、だとしたら、赤と青と黄色だけあれば十分では?という……こんな極論が思いつきますが、実際にこの3色を上手に混ぜて描いている方がいました。驚きですね。

そのようなレベルの高い混色はさておき、このブログでは足りない必要な色を作るような混色をしていきます。今回は、無印良品の水彩色鉛筆12色をフルに使って混色して塗っていきます。


混色と重ね塗りとの違い

イメージ
前回の無印混色メイキングでは、混色で色を加えることで濃く暗くし、立体感を出すような使い方をしていましたが、今回は逆に、色を加えることで、薄く明るくし、立体感を出すような塗り方をしていきます。

重ね塗りは色を重ねていくので濃く暗くする一方の……足し算の塗り方(水筆でのばした場合)だけですが、混色は濃くも薄くも、暗くも明るくもできる、足し算も引き算もできる塗り方。これが一番の違いではないでしょうか。

この特徴を生かして、テリーの革ジャンを塗っていきますが、その前に引き算の塗り方がどのようになるのか、見てみましょう。


混色と重ね塗りを使い分ける

イメージ
立体感を出すような足し算の塗り方、質感を出すような引き算の塗り方と、混色のメリットをご紹介しながら、ここまで塗ってきました。私自身、混色についてご紹介することで、あらためて混色の万能さを実感しました。

万能な混色ですが、今回はあえて混色のデメリットを挙げてみたいと思います。デメリットを考えたとき、どのような箇所に重ね塗りを使うか、または色を揃えるメリットなどが見えてくると思います。


水彩色鉛筆の混色で白を塗り分ける

イメージ
混色+ペン入れメイキングも、あとは細かい箇所を塗って完成になります。早速白い箇所を塗っていこうと思いますが、Tシャツと革ジャンのファーと二つの白い箇所があります。今回はこの二つの白を別物として見えるように、表現を変えて塗り分けてみたいと思います。

実際の白にも、例えば青みがかっていたり、白の中にたくさんの色が含まれていたり、光の当たり具合で白に色がかっていたりと、様々な白があります。では、Tシャツとファーはどんな白で違いがあるのか、二つの白について考えてから、実際に塗ってみたいと思います!


水彩色鉛筆の混色と重ね塗りを組み合わせる

イメージ
前回の『水彩色鉛筆の混色で白を塗り分ける』で2つの白を塗り分けてみました。白に限らず、素材や光のあたり具合などを考えて色を使うことで、イラストの情報が増すように思います。

さて、今回は細かい箇所……目や肩のマークを塗っていきますが、目も肩マークも色が塗り分けられていて、さらに陰影がついた箇所になっています。これを表現するために、混色と重ね塗り……別々に考えていた塗り方を組み合わせることで、表現してみたいと思います!


テリー・ボガード(MOW版):混色+ペン入れメイキング

イメージ
「うまい人が使っているとワイルドで格好良く見えるのに……」