2012/02/21

イラストボード


「余計に失敗が怖くなってしまうかも……(笑)」


今回はイラストボードをご紹介!私も最近使い始めたのですが、水彩色鉛筆による水を使った手法で塗っても紙が波打たず、きれいな仕上がりになるので便利です。水張りが不安な方、面倒な方にもおすすめ。

ただし、片面だけ水分を含んでしまうからなのか、ボード自体が反ってしまうこともあります。いくつか私の描いた作品も反ってしまって……でも真っ直ぐに戻ってるという(笑)。平らなところで均等に重しをのせておくと戻るかも?(私の作品保管場所もそんな感じなので……)ボードのお値段を考えると失敗もしにくい、まさに本番用。

写真はバロンケント紙が両面に張られている(両面使える)厚さ2.5mmボードで231円。紙も厚さも大きさも価格も多種多様なので、お好みのボードを見つけるのも楽しそう。ちなみにバロンケントは私もはじめて使う紙なので、確実に使えると言えるのはBBケント細目3mm。直近のセレクションに使いました。




■Yu Point

イラストを表面の情報だけにとらわれない立体物として考える私にとって、紙の選択もとても重要です。高品質な紙に描くのも良いのですが、ボードに描いたイラストは紙よりしっかりしているので存在感があって、自分の作品ながら持っていて嬉しくなります。

イラストを立体物としての価値を高めてくれる……イラストボードは私の考えにぴったりのアイテムですし、一度でもボードに自分のイラストを描くと、その存在感にハマるかも(笑)。


■作例

Ribbon Heart(BBケント細目3mmボードを使用)

辰結び(BBケント細目3mmボードを使用。厚みを生かして線画に彫りを入れた作品)